これから将来に向けて、「資産形成」を始めたい方に朗報です!

ETFを活用した、 画期的な運用手段をご紹介します!

これまで年間収益率10%以上の運用実績がございます。

まずは動画をご視聴ください。

145-return-over-10-years-2017-12
ETF+α-ポートフォリオC 2007年3月30日~2017年12月31日

過去10年で 145%以上の収益

2007年のサブプライムローン問題や2008~2009年のリーマンショックを乗り越え、安定した実績を継続しています。

※2007年3月から2012年12月は、当社独自のトレンドフォローシステムを用いたバックテストデータになります。2013年1月以降については、ETF+αの実績となります。

高い年間収益率

日経225やS&P500に劣らない収益性を中長期にかけて実現しています。

Higher-Average-Returns-Comparison-Chart-2017-12
ETF+α-ポートフォリオC 2007年3月30日~2017年12月31日
ETF-+-Alpha-Performance-Comparison-2017-12 v2
ETF+α-ポートフォリオC 2007年3月30日~2017年12月31日

下落リスク管理の徹底

主要株式マーケット指数と比較して、突出して低い標準偏差(リスク)と、ドローダウン(損失幅)となっています。

ETF+α ポートフォリオとは?

ETFを活用し、資産運用の「超過リターン(α)」を提供します。

ETFとは証券取引所に上場した投資信託のことです。株価指数などの指標との連動を目指す「指数連動型」で、信託報酬が比較的安いのも特徴です。

ETF+αは、流動性と透明性が高く、市場規模が世界一である米国の証券取引所に上場しているETFを、投資対象とした「ポートフォリオ」です。

トレンドフォローを用いた投資哲学

Build-Your-PortfolioTwin-Screens

これまでの「ポートフォリオ運用」は、複数の資産クラスや金融商品を活用し、分散を行うことで、リスクを回避しながら、リターンを追求してきました。

実際、当社においても、「モダン・ポートフォリオ理論」に基づき、期待収益率やリスク管理を数値計算し、国際分散投資を行ってきました。

しかし、近年、どの資産クラスも、同じような動きをすることが多く、相関性が高まってきているのが現状です。つまり、「分散効果」が薄れていると言えます。

アセット・アロケーション(資産配分)を行い、長期保有で投資することは利にかなってはいますが、市場環境が大きく変化し、ブレ幅の高い状況下においては、必ずしも、利益を生み出せない時があるのも事実です。

ETF+αは、そんな状況下においても、「利益を生み出すことを目的」として、開発された運用戦略です。

ETF+αは、上昇トレンドが見られるものにしか投資を行いません。下落トレンドや値動きが横ばいの時は、売却してキャッシュを保有し、また上昇トレンドが見られた時に「買い」を実行します。

PMS-Portfolio-MBP-Buy-Chart-v2

1)「買い」シグナル

日々の価格変動をチェックし、独自のシステムで上昇トレンドが見られた際に、「買い」シグナルが作動します。一般的に投資家は、どの銘柄をどのタイミングで買い付けて良いかの判断に迷うものです。

当社のシステムがその“判断”を行います。

PMS-Portfolio-MBP-Sell-Chart-v2

2)「売り」シグナル

トレンドが下落基調になった場合は、「売り」シグナルが作動します。一般的に投資家は、売却の判断に迷い、売るタイミングを逃してしまう傾向にあります。また、金融機関は、自社の金融商品を「売りましょう」といったアドバイスは、なかなかしてくれません。

当社のシステムでは、一定の基準に従い、下落基調が見られた時に、売却のアドバイスを行い、利益確定やロスカットに役立てます。

ETFAlpha-Portfolio-Monthly-Reports-5-Stack-v2

月次ファクトシート(運用報告書)

ETF+αの最新の月次成績や資産配分が記載されたファクトシート(運用報告書)は、月次毎に更新されます。

ご希望される方は、次のページの資料請求よりお問い合わせください。

ETF+αの主な特徴

優秀な実績

独自の売買シグナル

リスク管理

低コスト

米国証券取引所上場銘柄

透明性

高い換金性(流動性)

「円」以外での資産形成

当社オリジナルポートフォリオ

資料請求及びご相談は次のページへ

詳細についてのお問い合わせ

ETF+α「ポートフォリオ」の詳細についてお知りになりたい方は、以下のボタンより月次ファクトシート(運用報告書)の資料請求並びに、面談予約が可能となっております。お気軽にご利用ください。

Factsheet-Request-v2-64x64

月次ファクトシート

月次毎のデータが記載された運用報告書をご入手頂けます。

Telephone Appointment

電話でのご相談

当社の投資アドバイザーよりお電話させていただき、ご質問にお答えします。

Face-to-face meeting

面談予約

当社の都内オフィスにて面談をご予約頂けます。

Seminar

セミナー情報

当社サービスを中心としたセミナー情報をご案内します。

Q&A

ETF+αの投資対象はなんですか?

米国証券取引所に上場しているETFが投資対象となります。現在は、米国株と米国債券の指数連動型のETFを採用しています。

ETF+αポートフォリオへの最低投資額はいくらですか?

最低投資額は5万米ドルからになります。

ETFはどこで購入するのですか?

海外に証券管理口座を開いて頂きます。証券管理口座経由で米国証券取引所に上場しているETFを購入します。口座の開設手順につきましては、当社にて詳しくご案内させていただきます。

ETF+αポートフォリオは1種類ですか?

ご案内動画では、安定型の「ETF+αポートフォリオC」を中心にご紹介いたしましたが、バランス型の「ETF+αポートフォリオB」や積極型の「ETF+αポートフォリオA」の合計3種類をご用意しています。

手数料はいくらかかるのですか?

ご契約時にイニシャル・フィー1%。投資助言報酬は資産残高の1%と利益に対しての成功報酬10%です。※別途消費税

投資開始までの流れを教えて下さい。

当社と投資助言契約を締結して頂き、証券管理口座を通じて、ご自身で銘柄の買付を行って頂きます。
※当社が投資資金をお預かりすることは一切ありません。

IFA JAPAN株式会社の主要スタッフ

荒川 雄一
荒川 雄一
代表取締役
薄井 雅史
薄井 雅史
取締役執行役員
薄井 雅史
麻妃奈スコット
ポートフォリオ・アナリスト
綱川 貞明
綱川 貞明
シニアインベストメントアドバイザー
塚越 和夫
塚越 和夫
コンプライアンスオフィサー
藤野 隆弘
藤野 隆弘
顧問